生木を使った色鉛筆づくり

身近にある木の枝などを材料に、のこぎりや手動のドリルを使って、かわいい小物づくりをします。 木についてのお話などもお聞きします。

講座予約状況

予約をお願いします。(お名前と電話番号をお知らせください)
このページの一番下に申し込みフォームがあります。

講座詳細

◆日  時 :7月31日(土)10:00~12:00頃
◆講  師 :名和 さん(グリーンウッドワーク協会会員)
◆会  場 :人の森ハウス(一宮市北園通3-20)
◆参加費 :500円
◆持ち物 :服装 長ズボン、運動靴(サンダル不可)、手袋(軍手など)
定  員 :小学生以上4人(7月28日までに要予約)
(この講座は使用する道具の関係上、たいへん少人数になっています。)
(お子さんと保護者とのペアでも参加できます。)

「グリーンウッド(GREEN WOOD)」 は「生木」を意味します。「生木」とは、森から伐採したばかりの 乾燥していない木のことです。 その生木を伝統的な手工具を使い(大型機械や電動工具は使いません)割ったり 削ったりしながら小物や家具をつくるものづくりを「グリーンウッドワーク」 といいます。
今回は、グリーンウッドワーク協会会員の名和宏さんに来ていただき、身近にある木の枝などを使って、のこぎりや手動のドリルを用いながら、小物づくりをします。生木は、乾燥した木と違って柔らかい感じで加工できます。しっとりとした生木の感触を感じながら工作をしてみませんか?
※怪我の危険があります。注意に従えるお子さんなら、小学生でも参加できます。

生木を使った色鉛筆づくりチラシ