木口木版の世界

木口木版の作家である若月陽子さんをお迎えし、銅版画との違いや木口木版の制作方法などについて、作品を見せていただきながら、お話をお聞きします。

講座予約状況

予約をお願いします。(お名前と電話番号をお知らせください)

講座詳細

◆日  時 :2021年6月20日(日)14:00~15:30
◆講  師 :版画家 若月 陽子 さん
◆会  場 :人の森ハウス(一宮市北園通3-20
◆参加費 :1,000円  

浮世絵に代表される板目木版に対し、木を輪切りに切り出した木口板を版木とする木口木版という版画があります。表面が硬質なため精密で繊細な表現ができ、活字と組み合わせて書籍や新聞の挿絵図版に用いられることにより欧米で発展しました。
やがて、より簡単に図版を入れる技術ができて、手間のかかる木口木版は、印刷技術としては衰退し、現在は作家たちによる美術作品として制作されています。
昨今は取り組む人が少なくなった木口木版の作家である若月陽子さんをお迎えし、銅版画との違いや木口木版の制作方法などについて、素晴らしい作品を見せていただきながら、お話をお聞きしたいと思います。

◇若月 陽子 さんプロフィール◇
1959愛知県生まれ
1981名古屋造形芸術短大専攻科修了
2011山本鼎トリエンナーレ優秀賞
2015鹿沼市川上澄生木版画展 審査員特別賞
2016鹿沼市川上澄生木版画展川上澄生賞


木口木版講座チラシ

受講申し込みフォーム

以下のフォームを利用いただくと、オンラインでお申し込みができます。すべての項目への記入が必要です。定員がいっぱいの場合はキャンセル待ちとなります。受講の可否に関しましては、いちのみや大学から折り返しご連絡いたします。

なお、携帯電話のメールをご利用の場合、携帯電話の設定を変更しないと、いちのみや大学からの確認のメールが届かない場合がございます。@ichinomiyadaigaku.com からのメールが届くようにあらかじめ、携帯電話の設定を変更ください。

また、以下のフォームの内容をFAXしていただいてもかまいません。送信先は です。FAXの場合、講座開催日直前の平日の午前中までにお願いいたします。

登録される情報の使用目的に関しては、登録個人情報の使用目的のページをご覧ください。

申込される方のお名前
申込される方のメールアドレス
連絡先電話番号
(できれば当日連絡が取れる携帯電話番号)
参加予定人数
通信欄
いちのみや大学からの講座案内メールの受信