三岸節子記念美術館のこと
地元の小さな美術館のお仕事

三岸節子の紹介や、作品収集の時のエピソード、企画展の準備など、この美術館の活動についていろいろとお話ししていただきます。

講座予約状況

予約をお願いします。(当日午前中まで可)

講座詳細

◆日  時 :2021年4月25日(日)14:00~15:30
◆講  師 :一宮市三岸節子記念美術館 学芸員
◆会  場 :一宮市三岸節子記念美術館 講義室(一宮市小信中島字郷南3147-1)
◆参加費 :500円

三岸節子記念美術館は、中島郡起町(現一宮市)出身の洋画家で、名誉市民でもある三岸節子を記念するものとして、1998(平成10)年、三岸節子の生家跡に開館しました。三岸節子の生涯にわたる作品を収集・展示をしています。
地元では、その価値があまり知られていない気がしますが、三岸節子のファンは多く、東京や北海道などからも作品を見るために訪れる方がいらっしゃるそうです。
女性画壇の地位向上に努めたり、エッセイストとしても活躍した三岸節子の紹介や作品収集の時のエピソード、企画展の準備についてなど、この美術館の活動についていろいろとお話しいただきます。


美術館講座チラシ

受講申し込みフォーム

以下のフォームを利用いただくと、オンラインでお申し込みができます。すべての項目への記入が必要です。定員がいっぱいの場合はキャンセル待ちとなります。受講の可否に関しましては、いちのみや大学から折り返しご連絡いたします。

なお、携帯電話のメールをご利用の場合、携帯電話の設定を変更しないと、いちのみや大学からの確認のメールが届かない場合がございます。@ichinomiyadaigaku.com からのメールが届くようにあらかじめ、携帯電話の設定を変更ください。

また、以下のフォームの内容をFAXしていただいてもかまいません。送信先は です。FAXの場合、講座開催日直前の平日の午前中までにお願いいたします。

登録される情報の使用目的に関しては、登録個人情報の使用目的のページをご覧ください。

申込される方のお名前
申込される方のメールアドレス
連絡先電話番号
(できれば当日連絡が取れる携帯電話番号)
参加予定人数
通信欄
いちのみや大学からの講座案内メールの受信