カカオ豆からチョコレートを作ってみよう
カカオ豆の産地に思いを馳せて

カカオ豆の生産地について学び、実際にカカオ豆からチョコレートを作る体験をします。

講座予約状況

予約をお願いします。

講座詳細

◆日 時: 2月3日(日)午後1時~(受付12時30分~)
◆講 師: 修文大学短期大学部 非常勤講師
       木野 照代 先生
◆会 場: 人の森ハウス(一宮市北園通3-20)
◆会 費: 3,000円(できたチョコレートをお持ち帰りできます)
◆定 員: 10名ほど
◆持ち物: エプロン、筆記用具、持ち帰り用容器(お弁当箱ぐらい)

毎年バレンタインの前になると、様々な高級ブランドのチョコレートがデパートに並び、メディアを賑わせます。また健康にもいいと話題になり、いろいろな場面でチョコレートを買う人が多くなりました。さらに近年は、カカオ豆からチョコレートまで、すべての工程を一貫して手がけたBean to Barがブームです。
そんな人気のチョコレートですが、材料であるカカオ豆がどんな場所でどのように生産されているか、カカオ豆からどのようにして、お菓子としてのチョコレートになるのか、意外と知られていないのではないでしょうか?
今回は、講師の木野 照代先生から、カカオ豆の生産地についてお聞きします。その後、実際にカカオ豆からチョコレートを作ってみます。よけいな添加物のはいっていないチョコレートの美味しさを味わってみてください。

カカオ豆

木野 照代先生プロフィール
日本スペシャリティコーヒー協会認定コーヒーマイスター。 コーヒー文化学会会員。
修文大学短期大学部で製菓にかかわる様々なことを教える傍ら、「焙煎工房999」を主宰。

人の森ハウス地図 駐車場は建物の東側にあります

受講申し込みフォーム

以下のフォームを利用いただくと、オンラインでお申し込みができます。すべての項目への記入が必要です。定員がいっぱいの場合はキャンセル待ちとなります。受講の可否に関しましては、いちのみや大学から折り返しご連絡いたします。

なお、携帯電話のメールをご利用の場合、携帯電話の設定を変更しないと、いちのみや大学からの確認のメールが届かない場合がございます。@ichinomiyadaigaku.com からのメールが届くようにあらかじめ、携帯電話の設定を変更ください。

また、以下のフォームの内容をFAXしていただいてもかまいません。送信先は です。FAXの場合、講座開催日直前の平日の午前中までにお願いいたします。

登録される情報の使用目的に関しては、登録個人情報の使用目的のページをご覧ください。

申込される方のお名前
申込される方のメールアドレス
連絡先電話番号
(できれば当日連絡が取れる携帯電話番号)
参加予定人数
通信欄
いちのみや大学からの講座案内メールの受信