再び真清田神社のなぞ 根尾のうすずみ桜と継体天皇

この講座は当日参加もできますが、準備の関係上、できましたらご連絡をしていただけると助かります。

講座予約状況

空席十分あり

講座の概要

今注目の継体天皇と、尾張や根尾村とのつながりについて、田中豊先生にお話いただきます。

講座詳細

講師 : 元一宮市立北方中学校校長   田中 豊先生
日時 : 3月28日(土) 午後2時から3時30分まで
場所 : 一宮市民活動支援センター内会議室
(一宮市栄3−1−2 i-ビル3階)
会費 : 500円 

昭和の初期、一宮市在住の土川某氏が『真清探当証』を根尾村に持参。そこには、 「うすずみ桜」の由来の外、古代史の通説を覆す驚くべき数多くの記述がありました。

『真清探当証』によると、第26代継体天皇の父弘計王と、兄億計王は、 雄略天皇の迫害を恐れ、共に尾張一宮にある真清田神社神主の叔父を頼ってこの地に逃れました。やがて男大迹王(後の第26代継体天皇)が一宮市押場で生まれ、ある理由により根尾村に隠棲することに。後に都へ迎えられて根尾村を去るにあたり、真清田神社で献納を受けた桜木を手植えし、
「身の代と遺す桜は薄住よ 千代に其名を栄盛へ止むる」
との歌を残して大和へ旅立ち、継体天皇として即位されたとあるのでした。
平成4年、京都大学大学院修了の古代史研究家小椋(おぐら)一葉(かずは)氏は、この『真清探当証』を題材にした「継体天皇とうすずみ桜―古代秘史『真清探当証』の謎」を河出書房新社から出版。その詳細な考察が話題となりました。

平成11年、この560頁を越える謎の書『真清探当証』を、田中豊先生が根尾村文化財保護審議会の許可を得て約9ヶ月をかけて解読し、『ロマンに彩られた古代秘史真清探当証』として出版されました。この本はすでに絶版となっていましたが、再刊の要望が各地から寄せられていましたため、この度「人の森」より、4月上旬に、この『真清探当証復刻版』(全450頁、税込み3,780円)を出版することとなりました。

今回は、前回と異なる視点から、全24頁の小冊子をテキストに、郷土に伝えられる継体天皇をめぐる多くの謎を、皆さんと共に考えてみたいと思います。

受講申し込みフォーム

以下のフォームを利用いただくと、オンラインでお申し込みができます。すべての項目への記入が必要です。定員がいっぱいの場合はキャンセル待ちとなります。受講の可否に関しましては、いちのみや大学から折り返しご連絡いたします。

なお、携帯電話のメールをご利用の場合、携帯電話の設定を変更しないと、いちのみや大学からの確認のメールが届かない場合がございます。@ichinomiyadaigaku.com からのメールが届くようにあらかじめ、携帯電話の設定を変更ください。

また、以下のフォームの内容をFAXしていただいてもかまいません。送信先は です。FAXの場合、講座開催日直前の平日の午前中までにお願いいたします。

登録される情報の使用目的に関しては、登録個人情報の使用目的のページをご覧ください。

申込される方のお名前
申込される方のメールアドレス
連絡先電話番号
(できれば当日連絡が取れる携帯電話番号)
参加予定人数
いちのみや大学からの講座案内メールの受信